バックナンバー
  • トップ

おりもので分かる体の状態

妊娠とおりものの関係

妊娠すると変化するおりもの

妊娠するとおりものが変化することで判断できることがあります。おりものは、膣内の粘液や細胞の一部などが混ざり合った分泌物であり、自浄作用と受精のサポートの2つの役割があります。生理周期により量や状態が変化していきます。普段であれば少し粘り気のある透明な液体のようにみえますが、日々確認することで、量の変化、水っぽい、ドロッとしている、粘り気の有無など変化があります。妊娠すると体内のホルモンバランスが変化するため、本来であれば減少する女性ホルモンが分泌し続けることになります。結果として、体内の女性ホルモンのバランスが変化し、量や色に変化がみられるようになります。排卵後から生理が始まるまでの期間は、おりものの量が減っていくことが一般的ですが、妊娠した場合分泌量が増えることがあるため、ひとつの判断基準になります。他にも、水っぽくなったり、色が変化することがあります。妊娠の兆候の一つである着床出血が混ざることで、おりものが茶色っぽくなることがあります。ただし、すべての人が当てはまるとは限らず、個人差があり、病気によりおりものが変化していることもあります。病気の兆候と判断した場合には早めに婦人科を受診することです。

↑PAGE TOP